スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

舞台あんさんぶるスターズ!

2016062901 izumi♀
絵はなんでもないです!!!


先日「あんさんぶるスターズ!on stage」のライブビューイングにいってきました。
ライブビューイングそのものが初めてだったのですが、
キャストたちの表情が見やすかったのでなかなか悪くなかったです。
キャラクタービジュアルが発表されたときはトリスタ朔間零嵐ちゃん以外ちょっと大丈夫かな・・・?という感じでしたが
実際に動いているのを見たらみんなかっこよくてかわいかったです。

まずは明星スバル役で座長の小澤廉くん。
写真で初めて見たときから本当にかわいくて明星スバルにしか見えなかったのでかなり期待値が高かったです。
実際もかわいらしくてよかったです。
しかしライブビューイングではかなり顔がアップになるので少し髭が青かったのが「りゅうちぇるかな?」と思ってしまいました。

次に氷鷹北斗役の山本一慶くん。
テニミュで何回も見たのでよく知った顔ですね。
他のキャストに比べて声が良すぎて笑ってしまいました。
また彼だけ地毛だったのでかっこよかったです笑

遊木真役の松村泰一郎 さん。
年長キャストだったらしいですね。
演技については特に思うことはなかったです。
ただ顔が、ゆうくんには似ていたし可愛かったのですが、ときどき狩野英孝に見えてしまいました。
後々Twitterで検索をかけたところ、同じように感じた人が何人かいたようです。

衣更真緒役の谷水力くん。
たしか初舞台だったと思います。
特に悪いところはなかったです。

大神晃牙役の赤澤遼太郎くん。
ビジュアルを見たときはそれほどぴんとこない感じでしたが、
実際はよく吠えて可愛いガミさんでした。
また挨拶のときも泣き出してしまって、かわいい後輩、という感じでとてもよかったです。

朔間零役の小南光司 くん。
とにかく、とにかくかっこよかったです。
びっくりするほど朔間零でした。
声までまっすーそっくりで、とてもよかったです。
棺桶から出てくるシーンはあまりにもシュールすぎて笑ってしまいました。
今公式サイトで見返してきたのですがやっぱりかっこいい、、、

羽風薫役の奥谷知弘くん。
彼はビジュアルを見た時点で大丈夫・・・?となった内の一人でした。
しかし、動いているところを見るとやっぱりかっこいいし、顔もプレイボーイらしくて合っていたと思います。

乙狩アドニス役の瑛くん。
顔もかっこよくてオカリナで吹いたハニーミルクも上手でした。
ただ、アドニスにしてはテンションが高すぎると感じました。
もう少し研究してほしかったかなと思います。

鬼龍紅郎の上田堪大くん。
個人的にどうしても好きになれませんでした。
どこがどうよくないと感じたのかといわれるとはっきり言えないのですが、
なんとなくわたしが想像していた大将とは違うと感じてしまいました。

蓮巳敬人役の小松準弥くん。
特に文句なくかっこいい蓮巳くんでした。

神崎颯馬役の樋口裕太くん。
彼もかなりやばい枠として見に行きました。
ところが、実際はかなりかわいらしく、なんともいえない良さがありました。
刀の振り方が上手いから選ばれたのではないかと言われていましたが、
大千秋楽の百花繚乱の間奏では長い衣装の袖が引っかかってしまって途中で止まってしまっていたので
きっと悔しかっただろうなと思っていたらやはりそうだったようで、
挨拶のときにもう一度やってくれました。
わたしは神崎颯馬にあまり興味がない、というかそれほど好きではなかったのですが、
この公演で以前よりも好きになりました。
また、百花繚乱はあんスタのユニソンの中でも1,2を争うくらい好きな曲だったので楽しみにしていたのですが、
3人ともよかったですが、つい樋口くんを目で追ってしまっていました。

南雲鉄虎役の小西成弥くん。
彼も不二裕太役でよく知っていますね。
多少のテニミュキャスト贔屓はあると思いますが、やっぱりかわいかったです。
1人でもメテオレンジャー頑張っていました。
本人は流星隊は1人しかいないので歌はないと思っていたそうです。
鉄虎も舞台を通じて好きになったキャラクターでした。
ただ、衣装がきちんと黒でないのが気になりました。
あれでは流星グレーです。

柴乃創役の櫻井圭登くん。
写真で見たときより動いているときのほうが可愛かったです。
彼もひとりでしたが頑張ってjoyful boxを歌っていました。
ダンスのキレがあまりよくないように感じたので今後に期待ですね。

葵ひなた・ゆうた役の山中健太くん、翔太くん。
普段はかっこいいのにキャラクターになるとかなり微妙…という感じでした。
でも動いていれば割とかわいかったです。
しかし、気になる点が多かったです。
声がやけに高くてちょっとキンキンしていたこと。
歩いたり走ったりするときの腕がプロペラのようになっているのがくどいこと。
これは演出の問題ですが。
いろいろな振りが無駄に大きいのもわたしの好みではありませんでした。
次回があるのならもう少し演出をなんとかしてほしいと感じました。

瀬名泉役の高崎翔太くん。
彼は直接は見ていませんがテニミュや薄ミュで有名なので実力は心配していませんでしたが、
ビジュアルが公開されたときは心配になってしまいました。
knightsは歌がなかったのでその辺はよくわかりませんでしたが、
声はそのまんま瀬名泉で本当にびっくりしました。
またカーテンコールでも小澤くんが進行に困ったときに助け舟を出したりしていたのが
さすが舞台に慣れていると感じました。

ラスト!鳴上嵐ちゃん役の北村諒くん。
じつは彼のビジュアルが発表されたときにどうしても見たくなったので行きました。
写真と同じようにかっこよかったです…
声も本人だったのでただただ嵐ちゃんそのものでした。
オープニングでのポーズが修学旅行のときの開花前のポーズで感動しました。
knightsはただの進行役だったのは残念でした。
次回作があるのならvoice of swordがぜひ聴きたいです。

全体としては、おそらく尺の都合上仕方がないことなのかもしれませんが、
ギャグ(少し寒い)が多すぎてテンポが悪く感じられました。

UNDEADvs紅月は対バン形式、ということでどんなふうに演るのだろうと思っていましたが、
ハニーミルク1番、花燈の恋文1番…と続いて最終的に混ざり合うような感じで、
かなり好みの演出でした。
アニメでもあんな風にやってほしいです。

ストーリーの終わり方はあっさりしていた割に、舞台オリジナル曲は大楽だからとは思いますが何故か2回歌ったのはよくわかりませんでした。


とにかく予想外にUNDEADがかなりよかったので、
いつか返礼祭やってほしいと思いました(たぶんやらない)。
スポンサーサイト
2016-07-04 : 絵つき日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カウンター

プロフィール

おとはら

Author:おとはら
❄今期見ているアニメ❄
✿忍たま乱太郎

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。