スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

VS山吹 ■2/27追記

201603090158451f7.png

こんばんは。おとはらです
載せる絵が一枚もなかったのでもし何か描いたらここに載せときます。
■3/9 特に本文とは関係のない絵ですがとりあえず載せました。

さて、2月16日の19時からの青学VS山吹公演に行ってきました。
レポと感想は追記にて


客席から登場した亜久津で開幕でした。
演出はルドルフ戦に比べて奇抜じゃなくて、でもいい感じでした。
一番よかったのは紅白戦や山吹戦のときにルドルフ戦を振り返ったり、
同時進行で行われているルドルフ対氷帝に切り替わったりしていたことです。
2ndでもそうだったのかもしれませんが、観ていないので・・・。
メインの対戦校が青学以外の出番のほとんどを占めるのは当たり前ですが、
サブで出ている学校があまりにも出番がないと何で出てきたんだろう?と思ってしまいます。
2ndで観てきたサブの子たちは日替わりがあったりたまに歌を歌ったりとそこそこ出番がありました。
しかし前回のルドルフ戦での不動峰はただのガヤ芸人のように感じられました。
その点今回のルドルフは全体的に出番がちりばめられていてよかったです。

ここからキャスト一人一人に焦点を当てていこうと思います。
一度書いた方については気になった方だけ書きます。
まずリョーマ役古田くん。
初めて見たときから1年が経ちました。
最初に比べてかなり歌がうまくなったと感じました。
話し方や歌い方がかなり先代の小越勇輝に似てきたようです。
動きはまだ幼いというか、洗練されていませんが、最低あと3試合はあるのでこれからに期待したいです。

手塚役財木くん。
毎回言っていますが歌がうまい。
今回丸々一曲歌ったのは「攻めろ、強くなれ」でした。
前回の「Dream Maker」ではやや不安定な面も見られましたが、
今回はまったくぶれず、安定した歌声を聴かせてくれました。

菊丸役の本田くんは相変わらずかわいかったです。
アクロバットもすばらしかったです。

桃城役眞嶋くん。
桃城にしては声が高いんですが、歌がうまいです。
「パワーアップで行こう!」も3rdで聴けて嬉しかったです。
キーが若干高かったように思われました。

トリオはいつも思うのですが、スペックが高いです。
2幕最初にアメカジ?風の衣装で出てきたのですがとても可愛かったです。
堀尾役の志茂くんは3人の中でも特にダンスがうまかったです。

聖ルドルフいきます。
観月役の宮城くんは全体的にクオリティの高い観月だなあと思いました。
わたしは2nd厨なので基本的に2ndのキャストが好きだし、観月も絶対に小林豊のが好きだ!と思っていましたが、
宮城くんも滑舌がよくて滑らかに話し、女っぽくなりすぎない感じで好きです。
小林豊は神経質なおばさんという感じです。でも大好きです。
宮城くんの観月は高校生くらいの男の子という感じがします。
不二先輩と裕太の電話のシーンが部屋着じゃなかったことによって
薔薇の部屋着が見られなかったせいもあるかもしれません笑
歌もうまいし、とてもいい観月だと思います。

淳役の佐藤くん。
やっぱりダンスがとてもうまくて魅力的です。
本当にわたしの好みのダンスです。
今のところ3rdで一番ダンスの上手なキャストだと思います。
軸がしっかりしてて、上体が引き上がったダンスをしています。
彼が出てくると他に誰がいてもつい見てしまいます。
歌は普通だったけど、そんなのは関係ない。
今回で完全に推しになりました。
亮の役でまた彼のダンスが見られるのが本当に楽しみです。
ドリライも。

前回の公演で金田役の上村くんの歌がすごく上手く聞こえた!と書いていましたが、
改めて聞いてみたら別に普通でした。


山吹。
千石役の森田くん。
千石らしくて好感が持てました。
「ラッキー千石」は、2ndでは「あたまのわるいうた」と呼ばれるほどばかっぽかったですが、
おそらくほぼアレンジなしで、でもそれほどばかっぽいとは感じませんでした。
先代の聖也くんはアクロバットが得意な方で、どんな振付になるのかな?と思っていましたが、
喜多くん?を踏み台にして座って歌うという斬新な振りでおもしろかったです。

亜久津役の川上くん。
演技がとても上手でした。
2ndの岸本さんに比べて落ち着いた亜久津でした。
ただ、歌があまり安定していないというか、話しているときは低い声なのに
歌い始めると話し声と離れた歌声だったのが気になりました。
試合でははじめは落ち着いてクールで、徐々に熱くなるジワジワタイプの亜久津でした。
勇気VS意地は非常にアツかったです。鳥肌が立ちました。

地味’sの北川くんの辻くん。
二人とも非常に歌がうまかったです。
ただいい声なのではなく、抑揚があってすてきな歌い方でした。
地味’sの新曲も地味なのに派手で、とてもよかったです。
ベンチも派手すぎずよかったです。

新渡米&喜多役の登野城くんと蒼木くん。
前回のノムタクに続いての新キャラですね。
ノムタクの追加については、わたしは非常に不満でしたが、
今回の山吹D2は意味のある追加だったと思います。
やっぱり大事なのは試合があるかどうかですね。
わたし自身が彼らのキャラクターをそこまでよく知らないんですが、
でも新渡米くんの少し怪しいような雰囲気をよく表現されていてよかったです。
また喜多役の蒼木くんは身体能力が優れていて、すぱらしいアクロバットを見せてくれました。

室町役の仁科くん。
正直必要なのかどうかはよくわからない役ですが、
1stからいるってことはきっと必要なのでしょう笑
とにかく仁科くんは顔がかっこいいので最高です。
歌やダンスは特に印象にないくらいだったのでたぶん普通だったのだと思うのですが、
顔がかっこいいというのはとにかく罪です。

書き忘れていましたが、太一役の真白くん。
とてもかわいらしい名前ですね。
初めて顔を見たときはあまり壇くんらしくないかな?と思いました。
しかし演技は悪くなかったし、身長がそれほど小さくないように見えたのに
壇くんらしく感じられました。

また思い出したら書こうと思います。
ドリライが楽しみになりました。

2016-02-17 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カウンター

プロフィール

おとはら

Author:おとはら
❄今期見ているアニメ❄
✿忍たま乱太郎

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。